【飲み歩き】ダルセーニョ2(ドゥエ) ピッツァ天国

定休日、試飲会お手伝いの前にもう一つブログアップ。

実は先日イル・ソリトさんへ遊びに行ったあと、ダルセーニョ2さんへも行ってきました。
ええ、はしご酒。
と言うより、ドンだけ食べるんだ、俺。。。

ダルセーニョさんは真のナポリピッツァ協会認定店。
本店の設備、レシピ、技術などを審査されて認定を受けています。
新店の方ではその審査を受けているわけではありませんが、ピッツァイオーロはクラシカルピッツァ部門日本チャンピオンの吉田さんが腕をふるっています。
本店と寸分変わらない味わいを街中で楽しめます。

kama_1

まさに命、薪釜です。

kama_2

本店より少し小さめだと言うことでした。
中では燃える薪の横で旨そうなピッツァが焼けていました。
見てると見る間にふくれてくる感じ。
それを大きなしゃもじみたいな道具でクルクルと微調整。
見てるこっちは涎ダラダラ。

jagaimo

ダルセーニョさんではピッツァ以外のお料理も絶品。
まずはお芋を発見したので早速注文しました。
凄く簡単なお料理なんですが、塩加減とか揚げ加減とか最高。
レモンを搾ってほおばると、まさに南イタリアの居酒屋で食べている感じでした。

zensaimoriawase

メニュー見ますと前菜がどれも美味しそう。
ピッツァの前に申し越し食べたいな~などとお話ししたら、たっぷりと盛り合わせてくれました。
もう美味しくて、訳わかんなくなってきます。
ちなみにこの前菜で1本は飲んだかもしれません。

pizza

ピッツァだけ写真デカくしてみました。
ダルセーニョさんではピッツァのハーフ&ハーフもやってくれます。
お任せでお願いしましたら、なんと半分カルツォーネ状態!
いやいや、タマリマセンね。
あと注目はピッツァの底の部分。
ほとんど白い粉が見えないですよね。
実は生地をのばすときに打ち粉が過ぎると白っぽく残っちゃいます。
上手くやるとこうやって全く残っていません。
残った打ち粉は焦げたりして風味を損なう原因になるそうす。
なんか、これからピッツァを見るたびにめくって底を見てしまいそうです。

もう2件回ってさんざん飲んで、へべれけでした。
最後鈴木社長も席に来て一緒に一杯(イッパイ)おつきあいいただきました。
ホント楽しおしゃべりでした。

鈴木さん、吉田さん、スタッフの皆さん。
大変美味しかったです。
ごちそうさまでした。

最後にメニューを撮ってきましたので、リンクからみてください。

メニュー1

メニュー2

ダルセーニョ・ドゥエ DalSegno Ⅱ
札幌市中央区南2条西1丁目仲通
TEL 011-213-1335
定休日 日曜日