【店長の敗戦日記】試飲会後、ワイン会にて撃沈

一昨日火曜日の試飲会には沢山のご参加を頂きまして、誠にありがとうございます。
翌日の配達でも沢山の注文を頂戴いたしまして感謝しています。

で、今日のお題は【敗戦日記】。
当日夜に開催されたワイン会の反省も含めまして報告です。

まずは試飲会。
最近モトックスさんではコーヒー豆の取り扱いを開始。
当日はそのお披露目もかねて、ラ・ジョストラのバリスタ時崎さんがご来場くださったお客様にコーヒーのサービスをされていました。

お店で出されているのと同じレベルでのサービス。
いったい何杯入れたんでしょう。
最後は見るからにクタクタ。
お疲れ様でした。
試飲会終了後はカップやマシンなんかのお片付けを手伝いながらお店に退却。
ずっとサービスされていたんでワインの試飲ができなかった時崎さんに、
残っていたワインを沢山もらってきました。

「軽く」打ち上げしましょうと言うことで、もらってきたワインで一杯。
結局美味しいハムやチーズなどご馳走になってしまいました。
ワインの量も「一杯」から「イッパイ」へ。
1本近く飲んじゃったかもしれません。
このあとワイン会があるのにネ。。。。

時刻は19:30分。
本日二つめのメインイベント。
目隠しテイスティングのワイン会スタートです。
ネタはヴェルメンティーノ4種類、サンジョヴェーゼ4種類。
地域と銘柄を当てろ!
という趣旨でした。
銘柄はすでにリストアップされ手元にある状態でのテイスティング。
「余裕でしょ」。
百戦錬磨の参加者達は皆心の中で思っていたに違いありません。
もちろん私も含めて。

って、コレが当たらない当たらない。
白はカナイリだけ系統が違った感じ。
せめてこれだけでも当てたかった。
赤はカルチナイアのキャンティ・クラッシコをお安いサンジョヴェーゼと間違う始末。
結果私は全敗でした。
ホントお恥ずかしい。
20年前からやり直さないとダメですね。

会場はオステリア・ヨシエさん。
お料理の写真を撮ってきたので、お口直しはそちらで。

まずはトマトのズッパ。
良い感じでトマトの酸味が生きてました。
少し濃いタイプが多いヴェルメンティーノには相性イイですね。

サーモンをほんのり燻製してくれました。
とっても綺麗です。
手前右は甘いピューレに山わさびがのってます。
このほんの少しのわさびと甘いピューレがサーモンに実に良く合います。

春ですね。
タケノコ焼いたのにラルドを乗せてくれました。
ほくほくしたタケノコにしっとり溶けたラルド。
旨かったな~。

桜エビと空豆の手打ち麺。
手打ちだとソースが良く絡んでうまさをより強く感じます。
淡い色合いはこの季節ならではですね。

脂激ウマだったお肉。
奥の付け合わせはもちろんイモ。
シェフ、イモ最高です(あ、お肉も最高です)。

最後はチーズを出していただいて終了。
とっても満足です。
ごちそうさまでした。

吉江シェフ、ご無理をお願いしまして申し訳ありませんでした。
相も変わらずここでしか食べられない吉江節満載のお料理、大変美味しかったです。
そしてワインもハズレはしましたがどれも美味しかったです。
準備されてた三崎さん、ありがとうございました。

と、ここでは終わらず二次会(私には三次会)へ。
向かったのは二条市場のmarmeloさん。

おつまみ撮ってきてました。
美味しそうでしょ。
でもワタクシ、すでにこの辺でかなりの酔っぱらい状態。
せっかくのお料理なのにおそらくちょっと残してきたかもしれません。
武田さん、ゴメンナサイ。
お詫びをかねて、近いうちに必ずお伺いいたします。

ワイン漬けの一日でした。
ブラインド外したけど、とても楽しかったです。
ありがとうございました。

オステリア・ヨシエ
札幌市中央区南1条東3丁目 大成ビル1F
TEL 011-231-2778

marmelo
札幌市中央区南3条東1丁目 6 のれん横丁 1F
TEL 011-556-0780

コメント

  1. アマ より:

    この度はご参加いただき、またワインとお店の手配、ありがとうございました。
    いや~、やられましたね。
    私も余裕だと思っていましたが…。
    これがブラインドの楽しさと恐怖です。
    でも確かなのは、イタリアワインは安くて美味い!ですね。
    またよろしくお願いします。

  2. アマさん より:

    ホントにやられましたね。
    そしておっしゃるようにイタリアワインは安くて美味しい!
    リベンジ、やりましょうね。